アンパンマンのうさぎ

世の中の先輩に教えてほしいこと 文化構想学部

参考書の選び方② 視点! 中学生 勉強する時間なんてなさそうなのに、できるやつの秘密!

こんにちは。

新しいあだ名が増えて、最近は「ムーミン」と呼ばれています。

 

 

今回から、数回にわたって中学生の参考書の選び方!

勉強の仕方についてもお伝えします!

 

前置きが長いのはやめたいですが、

本音を最初に!

部活や内申点などもあり、忙しい中学生時代は、

塾で渡されたものやるという近道を使って

助けてもらってもいいと思っています。(実は)

ただ、もし今の勉強法があってないと感じたとき、

自分にあう勉強法がカスタマイズできる力があれば、より効率的な勉強ができるかも!とも思っています。

 

ぜひ、いまからの紹介を判断材料に使って

自分なりにカスタマイズしてみてくださいね!

 

 

さあ、一言どころか、先輩ヅラを楽しめたので本題に入ります。

 

 

まず、

「学校の成績を上げる」には、

定期テストの点をあげる」の他に、「ノート提出をちゃんとする」とか

「授業で発言する」も含まれます。

(あたりまえすぎる確認)

 

その中でも

「学校の成績上げる」には、

定期テストの点をあげる」のが一番の近道です。

なぜなら、テストの点数が良いのに、低い成績をつけるとその理由が説明できないからです。

(どんなに先生に嫌われてても、これは自信持って大丈夫です。逆に聞きにいけます)

 

さあ、

テストの点数あげるには、3つあると思います。

 

①過去問、前回のテスト、テスト範囲表を用意して、テストに出る問題のレベル、形式、範囲を確認する

②それに沿った部分がどんな問題集にありそうか、探す。

③何度も練習してできるようにする。

 

どうですか?みなさんがやってる方法と一緒でしたか??

 

 

具体的に説明していきます。

①過去問、前回のテスト、テスト範囲表を用意して、テストに出る問題のレベル、形式、範囲を確認する

 

まず、前回のテスト、テスト範囲表を、用意してください。

(本当は先輩方の過去のテスト問題があるともっといいですが、上の2つでも対応できます。)

前回のテストを見ながら、

問題がどの問題集から?プリントから?、出題されたか、似てるかチェックします。

(ほんとこれ重要)

 

だいたい、テストの内容構成は、

①学校で一括購入した付属の問題集

(数学とか理科とかだいたいこれ)

 

②学校で渡されたプリント

 

③それ以外の全く知らなかった問題

の3つに分けられると思います。

 

ここまででお気づきかもしれませんが、

もしあなたの学校のテストが

①または②だった場合、参考書を買う必要はありません。

 

③の場合、参考書を探しに行きましょう!

 

 

これを9教科全部やること!!

(たいへんすぎない、、、、?

だったら一問でも解いた方がよくないか、、)

 

 

たしかに、めんどいし、不毛な気がしますが、

実はこの作業を抜くと、

どんなに勉強しても、

成績にはつながりません!

(勉強してるから無駄ではないけどね!)

 

たまにいますよね、

めっちゃ部活で忙しそうで、勉強時間なんて取れてなさそうなのに、

できる人!

 

それは、この作業をちゃんとやってから、解いてる可能性があります!

無駄な努力をしないために、

努力を無駄にしないために、

実際のテストと、問題傾向は見極めてくださいね!

 

 

今回はここまでです、ありがとう

 

満員電車 他人だからこんなに近くにいても何も気にしなくて済む。でもこんなに距離が近くても他人だから助けを求められない。

満員電車。
いまどき兄弟でもこんなにくっつかない。
どんなに物理的距離が近くても、近づいても、
接触している「他人」を「モノ」、
例えば「壁と変わらない」くらいの意識においてくるから
見ず知らずの人と30分間密着することができる。

私はこうやって、他人との密着を意識の外に追い出して通勤している。


しかし、同時に痴漢されても助けを求めることを躊躇わざるを得ない。

どんなに距離が近くて、物理的に声をかけることが可能だとしても、
意識の中では、密着している隣人をむしろ遠くの他人として考えてある。
そうしないと、他人と密着なんでできない。

参考書の選び方 ①心得てきなもの

こんにちは!
私は最近気づいた私のなかのマニアな部分を紹介します。
それは、




教材、学習参考書です笑(o˘◡˘o)

ははは!



中学生の時なんて、定期テストのたびに新しい参考書を買い、
やりながら、時には買う範囲を間違えながら、、、、
その時々で自分にあうものを見つけてきました。



私が、
関東の「中学受験率7割の公立小学校地区」で育ちながら、
駅前には学習塾だらけの都会に住みながら
なぜ
参考書マニアになったのか。
その理由は、おいおいお話ししたいです。
(いまじゃない。)


参考書、テキスト、教材。

これらは学力向上のためにありますよね、
だから、学力をアップさせるためだけなら、
これら紙の教材を使わなくても、
学習塾に通ったり、
いい先生のもとで出された宿題をちゃんと取り組んだり、
カリキュラムの練られた学校に通えばいいと思いませんか。
(まじめにっ)

実際、現在のほとんどのこどもは、、
進学校に通い、塾に行き、授業動画を活用していて、
それらの補助としておすすめされた参考書や
一括パッケージで渡されたテキスト
で学力をみにつけるのではないでしょうか。
(まじめにーーー)

しかし、私はここで時代に逆行してお伝えしたいことがあります!!!(笑)

ぜひ、いまからは
一括パッケージのテキストを使うのではなく、
自分で本屋さんに行って、自分にあう問題集、テキストを探してきてほしいのです!!!!
(時間かかってめんどそうなことへやっぱり突入!!)

なぜなら、
(参考書のファンをもっと増やして、市民権を得て、話する人を増やしたいから!!)

参考書選びにこそ、
受け身でなく能動的な学びの形があるとおもうからです!!!

就活していて企業の方によく言われます。
「目的が決まっていて、やり方を教えてくれる、そんな受け身でいられるのは学生時代で終わりだ!
これから君たちは目的を考え、イノベーティブにやり方を工夫しなければならない!!!」

だよね、と。
でも、学問、学習のやり方を教えてくれたって、
学生は能動的に取り組む姿勢や工夫は同じく求められていますよ!
まだ、ありすぎる勉強法の中で、自分にあうやり方を模索していますよ!!
その部分は企業人と同じだと(こころのなかで)いいました。

だからこそ?
目的を達成するための、
手段にこだわり、吟味する ことが必須となる
テキスト、参考書の選びの動作?文化!を
学生は大切にしてほしいと思います。




次からは私の具体例を交えながら、視点をお話ししたいと思います!!
(やっばい。前置きながすぎ。)



テストセンター 遅れる、ギリのとき

御茶ノ水 テストセンター 遅れる、ギリギリに着くとき!

もちろん
【非公認】ですので、責任はとれませんが、、、それでもよければ読み進めください。


先日、急な腹痛でどうしても動けず、テスト時間を過ぎてしまうことがありました。その時に対応してくださった一例をお伝えします。



御茶ノ水 ソラシティ のテストセンターでは、
開始時間後、最悪15分までなら取り合ってくださいました。

それ以降は、予約変更手続きとなり、もし当日に空きがあればずらして予約してくださります。

ただ、他の会場だとここまで丁寧ではないみたいです。

ズートピア 感想

わかりやすいけど、とってもいい話
肉食動物と草食動物
先入観で判断することがいかに間違っているか

動物世界のユートピアと言われてあなたは何を思い浮かべますか?

ユートピア=理想卿ということは、動物たちにとっての楽園ですよね?

人間からの支配が及ばない世界?

これが思い浮かぶあなたはいつだって人間視点です。

草食動物が肉食動物に怯えることなく生きていける社会?(女性と男性?)(黒人と白人)

動物の種類の特性に関係なく、職業選択ができる世界?

ー映画の中で、「可愛くてまぬけな」うさぎ、「ずるがしこい」キツネ、のろまなナマケモノ、警察に向いているのは大型肉食動物のシロクマ、バッファロー
→各文化のキツネ、うさぎなど動物のイメージ

たくさんのステレオタイプが出てきます。
これらは種の特徴かもしれませんが、個体の特徴ではありません。

たぶんこの映画の伝えたいことはここだと思います。

映画の中では、昔は原始、肉食動物は草食動物を食べていた時代がありましたが、「進化を遂げたこと、文明が進んだことによって、肉食動物は1人で猟をする必要もなくなり、種類によって職業を狭められることも無くなりました。」と始まります。
→じゃあ肉食動物は何を食べるのか??
それ用の動物を飼育?植物?魚?

ストーリーは、
うさぎのジュディは両親の勧めるにんじん栽培を断ち切り、厳しく大型動物に有利な警察訓練を最優秀で卒業し、ズートピアへ旅立ちます。

動物の世界は気候によって、7つ?に分けられており、ツンドラタウン(怖目)やレインフォレスト砂漠ズートピア(都会)などに分かれている

?都会のズートピアだけが、肉食、草食動物どちらもいる?かも

ズートピアで、晴れて警官になったものの所長から言われたのは駐車違反管理。他の大型動物が行方不明捜索に就く中、駐車違反取り締まっていると、「30秒遅れただけじゃん」とだんだん市民の不満の声をきく。
→「もっと警官らしい仕事を」と所長にお願いするが、断られる。断る方も特性と個性を見分けられておらず差別的だが、駐車違反は警官らしい仕事とはいえないのか、?
これは、ジュディの失敗、未熟な面として描かれている

なんとか「警官らしい」仕事がないか探している時に、キツネのお父さん子どものネズミ?がアイスキャンデー屋さんで、赤色のアイスキャンデーを注文しているのに、ゾウたちが差別し、注文をお断りする、と不当な扱いを受ける、これを見たジュディはその店の衛星情報にたり




ネットのレビュー
動物たちのキャラクターが個々で濃ゆくて可愛い。服を着ない動物に対して、主人公のジュディが恥ずかしくて直視できないシーンなど、動物たちが動物らしいのに人間ぽいところがおもしろかった。
ズートピアの街も、動物たちに合わせて地区によって住むやすい環境になっていたり、他の動物とサイズが違うネズミの街があったりなど観ていて全然飽きない。
そして、ただジュディとニックの友情や冒険を描くだけではなく、物語には黒幕がいて、それに迫っていく様子もハラハラします。笑えるシーンがちょこちょこあっても、ストーリーに中だるみがないことが本当にすごいと思います。
物語の中で悲しさを描くときも、動物が死んだりするんじゃなく、差別やいじめについて触れているのでより身近に感じて、共感できました。こんなに楽しくて可愛い映画なのに、肉食動物と草食動物間の差別を、まるで人間界であるようにリアルに描いているところもすごいと思いました。

ズートピア』は擬人化された動物が暮らす世界を舞台に、警察官のウサギ”ジュディ・ホップス”とキツネの”ニック・ワイルド”がある事件の真相を追う物語。本作の巧妙な点は登場する動物キャラが現実世界と同じサイズであること。
小さなウサギのジュディは夢を叶えようとする中で様々な障壁にぶつかることになる。でも彼女は決して諦めなかった。物語を通してジュディとニックは自分たち自身のこと、そして周りの世界についてたくさん学んでいく。キャラクターたちがロジカルに成長していくから感情移入しやすいんだ。

就活女子として思うこと

現在、就活をしている。

3月1日に解禁されてからは、学内説明会へ行ったり、グループワークしたり、マイページを作ったり、、、。

 

その活動の息抜きとして、就活BAR的なところで、

その日その場で出会った就活生とお互いの近況を話したり、

あるあるで愚痴ったり、

時々社会人の方がいて、「実際、離職率ってどうなんですか?」と聞いてみたり。

就活をただ受け身になるのではなく、これを機会に、視野を広げることできる機会に私は恵まれている。

 

そのBARで

将来の展望や自己分析を披露しあっていて、思うことを今日は書く。

 

結果的に5時間くらいずっと話していた。

いろんな話題になったが、その中で「専業主婦になりたい女子の話」という書籍の話があった。

 

「専業主婦を生み出せるような経済力を

現在の90%の男性は持っていない」

 

そら、そうだと思う。

日本経済が上向きでもないし、そんなの世界各国でもまれなパターンだったんだろう。むしろ。

 

でもでは、

なぜ

「女子が専業主婦願望を持っているのか」

 

そこにこの願望の本質があると思う。

 

 

 

それは、女子にとっての

「若いうちはとことん働きその後にキャリアアップ!」会社員人生と

男性にとってのそれの乗り越えるべき壁の大きさが違いすぎると

感じているからではないだろうか。

 

 

 

「バリバリ働いて金銭面的に夫も子どもも養える女性になる」か

 

待って、その「バリバリ働く」には、

「治安の悪い地域への海外転勤」も

「長時間働いて深夜に夜道を帰ること」も

「おっさんしかいない夜のつめつめ電車に乗る」

も許容するということ

だから、私にはそれができない、としたら、

子どもが生まれたら、

時短勤務して、キャリアアップは目指さない方向しかないのかな、

と思ってしまった。

 

もしめっちゃ両立がんばって、

もしくは出産前に課長や部長に昇進しといたとしても、

新規事業を立ち上げること、

起業することはできないのではないだろうか。

 

一番会社に貢献している人、

が昇進しなかったら、

 

長時間、労働している男ではなくて、

時短勤務の女の人が昇進したら

 

それぞれどんな気持ちがするのだろうか。

 

 

若い時バリバリ働いた

出産、子育てした

事業を立ち上げた

人に早く会ってみたい。

 

治安の悪い海外で

えげつない経験をしなければ、

した人よりも、熱意は弱いのだろうか。

どちらが昇進するべきなのだろうか。

 

若い時には、とことん働いて、

最初の会社で一定の評価を受けて、

それを糧に次の会社を決め転職し、

その後出産すればいい?

 

ごめん、その「とことん働く」は、どういうこと?

「治安の悪い地域への海外転勤」も
「長時間働いて深夜に夜道を帰ること」も
「おっさんしかいない夜のつめつめ電車に乗る」も入ってるよね?

それは乗り越えるべき壁だし、

それを乗り越えた「勇者」こそが昇進していくべきですよね?

 

この修行は、男性と女性と障がい者

それぞれにとって

同じだけ大変な壁ということでよろしいでしょうか。

 

就活中に、解決の糸口が見つかりますように。